『災害情報における放送と通信の連携』

 

日本災害情報学会 デジタル放送研究会2 活動報告

 

代表 藤吉 洋一郎 (学会副会長大妻女子大学文学部教授)

 

本研究は ()放送文化基金「平成18年度 助成・援助」を受けて実施しました

 

 

 次   ハイパーリンク箇所をクリックしてPDFファイルを閲覧ください

 

1.研究会活動

活  動

場  所

  

 師  (調査者)

リンク

07511()

№1勉強会

河川情報センター

デジタル時代のメデイアへの新たな河川情報提供について

FRICS

佐藤宏明氏

記録

 

資料

07611()

№2勉強会

東京大学地震研究所

NTTドコモの防災への取り組み ~携帯電話を活用した情報配信~

NTTドコモ

伊藤正憲氏ら

記録

 

要約

 

資料

07713()

№3勉強会

大井町きゅりあん

平時の地域コミュニティ形成のための情報共有基盤(eコミュニティプラットフォーム)を活用した自助・共助・公助の協調による災害対応(災害リスクガバナンス)に関する研究動向 ~ボランティアによる災害時要援護者の避難支援のための社会システムに関する実証実験報告を中心として~

防災科学技術研究所

長坂俊成氏ら

記録

 

資料1

 

資料2

 

資料3

0783()

№1施設見学

ドコモ品川ビル

NTTドコモネットワークテクニカルオペレーションセンタ視察

NTTドコモ

伊藤正憲氏ら

記録

07912()

№1現地調査

新潟県新潟市・長岡市内

長岡市役所・北陸地方整備局・NHK新潟放送局・NPO住民安全ネットワークジャパンヒアリング

(藤吉洋一郎・天野 篤・

陽之・東方幸雄)

報告

071019()

№4勉強会№2施設見学

NTTさいたま新都心ビル

NTTグループの防災対策 ~災害時の情報通信技術~

NTT全国ネットワークオペレーションセンタ視察

NTT東日本

東方幸雄氏ら

記録

 

資料

08224()

№2現地調査

東京都板橋区内

携帯ハザードマップによる避難訓練 携帯端末による洪水ハザードマップ実証実験の体験

(藤吉洋一郎・鷹野 澄・

谷原和憲・FRICS

報告

08313()~ 15()

№3現地調査

韓国ソウル市内

CBST-DMB・データ放送海外事情」韓国ソウル市(KBS OMNITEL社)先進事例視察

(藤吉洋一郎・天野 篤・

大西勝也・小田貞夫・

國崎信江・東方幸雄・

中村 功・水上知之・

FRICS

速報

 

報告

 

 

資料

08320()

№4現地調査

大阪府堺市内

堺市内「大和川避難訓練時地上デジタル放送実証実験放送」見学

(藤吉洋一郎・天野 篤・

加藤宜幸・蔡 垂功・

谷原和憲・中村信郎・

水上知之・FRICS

報告

08321()

№5現地調査

NHK京都放送局

NHK京都放送局データ放送ヒアリング

(藤吉洋一郎・天野 篤・

中村信郎)

報告

08322()

聴講派遣

大阪府大阪市内

京大防災研シンポジウム <防災・減災と報道の役割> ~発生が憂慮される巨大災害に向けて~参加

(天野 篤・蔡 垂功・

中村信郎・水上知之)

報告

08626()

番外見学編

千葉県木更津市内

~「美しく・まもる・そなえる家プロジェクト」by TEAM KUNIZAKI~見学

危機管理教育研究所

國崎信江氏

報告

 

韓国現地調査:ソウル市中心部清渓川(チョンゲチョン)で記念撮影

 

2.報告会

日  時

内                  容

08712()

プログラム        配付資料        概要報告        詳録

12:30開場

総合司会  田代大輔(気象キャスターネットワーク)

13:00~13:10

開会挨拶研究活動概要  藤吉洋一郎(大妻女子大学)

13:10~13:50

第Ⅰ部 地震時の情報提供  天野 篤(NIED・アジア航測)

 

招待講演地デジ時代の災害報道・2007新潟県中越沖地震  鈴木郁子(NHK新潟放送局

 

話題提供2007中越沖、2008岩手・宮城内陸地震時の171安否確認  東方幸雄(NTT東日本)

 

長岡市が取り組む多様な災害情報伝達  陽之(SFF・アジア航測)

13:55~14:35

第Ⅱ部 洪水時の情報提供  藤吉洋一郎

 

招待講演放送と通信を活用した河川情報の提供  佐藤宏明(FRICS

 

話題提供荒川下流河川板橋区避難訓練実験を視察して  鷹野 澄(東京大学)

 

大和川河川堺市避難訓練実験を視察して  垂功(大阪市)

14:50~15:35

第Ⅲ部 韓国における災難情報提供  天野

 

帰朝報告韓国における放送と通信を用いた災難情報伝達  中村 功(東洋大学)

 

KBS(韓国放送公社)の災害放送の今  大西勝也(大妻女子大学)

 

ユビキタス社会の住民一人ひとりへの防災情報提供 水上知之(三重県)

15:40~16:40

第Ⅳ部 総合討論総括(提言)  藤吉洋一郎

 

パネリスト天野  國崎信江(子どもと大人の危機管理教育研究所) 佐藤宏明 鈴木郁子 東方幸雄 中村

16:40~16:45

閉会挨拶  中村

 

報告会:会場の後片付けを終えて集合写真

 

コアメンバー

氏  

所     属

藤吉 洋一郎 (代表)

大妻女子大学

大西 勝也

大妻女子大学

小田 貞夫

十文字学園女子大学

加藤 宣幸

※所属・肩書はすべて20083月時点

 
()建設技術研究所  ()国土技術研究センター

川端 信正

静岡県地震防災センター

 垂功

大阪市

桜井 美菜子

気象庁熊谷地方気象台

鷹野  澄

東京大学地震研究所

田代 大輔

()日本気象協会

谷原 和憲

日本テレビ放送網

東方 幸雄

東日本電信電話()

中村  功

東洋大学

中村 信郎

日本災害情報学会

水上 知之

三重県

天野  篤 (幹事)

アジア航測()  ()防災科学技術研究所

 

参考文献

 

著  者

タ イ ト ル

   

掲載頁

好宏、藤吉洋一郎、田島

2006

平成18年度研究報告会「災害情報伝達とデジタル放送の可能性」  講演(藤吉)  意見交換

放送文化基金「助成・援助」研究報告会

HBF Web

公開

-

天野 篤、高山陶子

2007

土砂災害と防災情報 -台風0514号災害の避難に学ぶ-

日本地すべり学会誌

Vol.43(6)

32-37

藤吉洋一郎代表他日本災害情報学会研究会員

2007

デジタル放送の特性を活かした災害情報の伝達のあり方研究会 活動報告

日本災害情報学会
「デジタル放送研究会」

CDプレス

Web公開

要旨

天野

2007

土砂災害を事前回避するための情報

日本災害情報学会誌「災害情報」
特集 災害情報で人を救うために

5

19-24

天野

2007

地上デジタルテレビ放送による防災情報提供

平成19年度砂防学会研究発表会

概要集

(発表資料)

184-185

藤吉洋一郎、天野

2008

「デジタル放送研究会2」活動報告

日本災害情報学会誌「災害情報」
活動報告

6

128

藤吉洋一郎、東方幸雄、天野 篤、澤 陽之

2008

新潟調査報告(2007年新潟県中越沖地震)

日本災害情報学会誌「災害情報」
デジタル放送研究会'2

6

129-135

後藤滋樹座長他研究会員

2008

「地域の安心・安全情報基盤に関する研究会」報告書

総務省大臣官房企画課

MIC Web

公開

-

藤吉洋一郎代表他日本災害情報学会研究会員

2008

災害情報における放送と通信の連携

放送文化基金『研究報告』 平成18 年度助成・援助分(人文社会・文化)

HBF Web

公開

-

中村

2008

韓国のCBS

シリーズ 災害と社会7 災害情報論入門(弘文堂)

単行本

93-94

天野

2009

2006 助成・援助 人文社会・文化
災害情報における放送と通信の連携

放送文化基金35周年記念事業 助成・援助 研究報告会
地上デジタル・データ放送の実態とメディア機能の可能性

-

-

天野

2009

「デジタル放送研究会2」活動報告

日本災害情報学会誌「災害情報」
活動報告

7

150-151

藤吉洋一郎

2009

デジタル放送研究会の成果と今後の展開

日本災害情報学会 News Letter

37

1

 

〔注意事項〕

本報告書の無断複写を禁じます。

事前に下記学会事務局の許諾を得てください。

リンクは自由です。

 

・書名  『災害情報における放送と通信の連携』研究会 活動報告

・発行日 20081224日(~ 2009331日)

・著者  日本災害情報学会第2次デジタル放送研究会

・発行  日本災害情報学会 会長 阿部勝征

本部事務局 〒160-0011 東京都新宿区若葉1-22 ローヤル若葉505号室

TEL : 03-3359-7827 , FAX : 03-3359-7987 , E-mail: tokio@jasdis.gr.jp