『災害情報共有化の推進 -伝達ボトルネックの解消- に向けた研究』

 

日本災害情報学会 デジタル放送研究会3 活動報告

 

代表 藤吉 洋一郎 (元 学会副会長大妻女子大学文学部教授)

 

※ 順次追加しています:2016.3.29更新

 

DSCF3709

 

本研究は ()放送文化基金「平成20年度 助成・援助」を受けて実施しました

 

 次   ハイパーリンク箇所をクリックしてPDFファイルを閲覧してください

 

勉強会・現地調査

活  動

場  所

  

 師  (調査者)

リンク

09211()

№1公開勉強会

気象庁

『気象庁防災情報XMLフォーマット』

XML化の目的と今後への期待~

気象庁

山腰裕一氏ら

記録

 

資料

09319()

№2勉強会

NTT東日本本社

AGADISおよびNTT東日本災害対策室の装備化概要と体制」

NTT東日本

中島康弘氏ら

記録

 

資料

09516()

№3公開勉強会

東洋大学

『安心・安全公共コモンズ』

H.20実証実験を踏まえて~

総務省

中京テレビ

東洋大学

吉田正彦氏

武居信介氏

中村 功氏

記録

 

NL

 

資料

0967()

№1現地調査

埼玉県飯能市内

飯能市「平成21年第4回土砂災害に対する全国統一防災訓練」見学

(藤吉洋一郎・天野 篤・加藤宜幸・田代大輔・中村 功・萩原健太・福長秀彦ら)

報告

 

資料

09710()

№4公開勉強会

NTT東日本会議室

「防災情報伝達制御システム」

NTT環境エネルギー研

NTT東日本

 

前田裕二氏

小山 晃氏

東方幸雄氏

記録

 

資料1

資料2

09824()

№2現地調査

茨城県つくば市内

局地的雨風観測と防災の研究最前線」見学

(藤吉洋一郎・天野 篤・田代大輔中村 功・萩原健太・福長秀彦・三島和子ら)

報告

 

資料1

資料2

資料3

09912()

№5公開勉強会

大妻女子大千代田キャンパス

「地域防災コミュニケーション支援システム」

~無線を活用して想定される首都直下地震など激甚被災地における災害情報を受発信~

総務省関東総通

富士通総研

モトローラ

凸版印刷

大妻女子大学

瀬高隆裕氏

湯川喬介氏

川上弘幸氏

檀上英利氏

干川剛史氏

記録

 

資料1

資料2

資料3

資料4

091218()~20()

№3現地調査

兵庫県神戸市内

兵庫県庁

ラジオ関西

関西大学

兵庫県佐用町内

2008729日都賀川水難事故」「2009年台風9号佐用町水害」調査、および、第3 防災・減災と報道の役割 ~社会安全と報道~ 「メディア&研究者&行政担当者らによる合同勉強会の試み」聴講

※「誰にでも身近な水災害情報流通の実現に向けた研究」の一環

(藤吉洋一郎・天野 篤・國崎信江・蔡 垂功

報告1

報告2

報告3

 

資料1

資料2

資料3

資料4

1026()~9()

№4現地調査

台湾 高雄市・台中市・台北市等

2009年台風8号台湾南部豪雨災害」調査

(藤吉洋一郎・布村明彦・天野 篤・加藤宣幸・中村 功・三島和子

new報告

 

NL

 

資料1

資料2

資料3

102

№5現地調査

新潟県新潟市等

「平成2223日から26日の大雪」

(田代大輔・東方幸雄・山崎智彦

報告1

報告2

報告3

 

資料

 

1勉強会

3勉強会

4勉強会

5勉強会

4 現地調査(台北市TVBSにて、陳亮氏、藤田正洋氏とともに)

 

コアメンバー

氏 

所     属    (2010.3.1現在)

藤吉 洋一郎 (代表)

大妻女子大学

赤石 一英

気象庁

天野 教義

TBSテレビ

大西 勝也

大妻女子大学

小田 貞夫

十文字学園女子大学

加藤 宣幸

()建設技術研究所

川端 信正

前・静岡県地震防災センター

國崎 信江

危機管理教育研究所

蔡 垂功

大阪市

澤 陽之

()砂防フロンティア整備推進機構 アジア航測()

鷹野 澄

東京大学総合防災情報研究センター 東京大学地震研究所

田代 大輔

NPO法人 気象キャスターネットワーク

谷原 和憲

日本テレビ放送網

東方 幸雄

東日本電信電話()

中村 功

東洋大学

中村 信郎

日本災害情報学会事務局

布村 明彦

()河川情報センター

萩原 健太

()富士通アドバンストエンジニアリング

廣井 慧

慶應義塾大学院生

福長 秀彦

NHK放送文化研究所

干川 剛史

大妻女子大学

三島 和子

セコム()

水上 知之

三重県

山崎 智彦

NHK新潟放送局

山本 

東京理科大学

天野  篤 (幹事)

アジア航測() ()防災科学技術研究所

 

参考文献

 

著  者

タ イ ト ル

誌 等

掲載頁

三島和子

2000

災害の心理学

セキュリティ産業新聞

2000.6.25-9.25

-

藤吉洋一郎代表他日本災害情報学会研究会員

2007

デジタル放送の特性を活かした災害情報の伝達のあり方研究会 活動報告

日本災害情報学会
「デジタル放送研究会」

CDプレスWeb公開

要旨

藤吉洋一郎代表他日本災害情報学会研究会員

2008

『災害情報における放送と通信の連携』 日本災害情報学会 デジタル放送研究会 活動報告

日本災害情報学会
「デジタル放送研究会」

Web公開

要旨

須見徹太郞団長他20088月末豪雨等調査団員

2009

20088月末豪雨災害等に関する調査報告

日本災害情報学会誌「災害情報」活動報告

№7

152-173

天野 ,厚田大祐,廣井 ,三島和子他

2009

岡崎現地調査報告

日本災害情報学会シンポジウム
検証 2008「ゲリラ豪雨」災害 ~突発的水害を何で知り、どう伝えたか~ 第一部 被災地調査報告

-

-

天野

2009

平成208月末岡崎市「ゲリラ豪雨災害」のコミュニティ放送

日本災害情報学会 20088月末豪雨災害等に関する調査報告(CD版)」

CDプレス

-

天野

2009

災害情報のボトルネック ~最近の豪雨災害事例から~

日本災害情報学会 「第11回研究発表大会予稿集」

発表資料

85-92

天野

2010

三宅島復旧対策 帰島への道のり ~砂防ダムが果たした役割~

14回「震災対策技術展/自然災害対策技術展」横浜会場「災害と地域コミュニティ継続のあり方 ~三宅島噴火から10年、復興に学ぶ~」

発表資料

-

青山 ,齋藤 ,天野 ,宮下加奈他

2010

地域コミュニティ継続の鍵を探る

三宅島噴火から10年、復興に学ぶ

()日本技術士会主催セミナー

新建新聞社「リスク対策.com

Vol.18

68-71

牛山素行

2010

200989日兵庫県佐用町を中心とした豪雨災害の特徴

豪雨災害と防災情報を研究するdisaster-i.net

Web公開

-

放送文化基金(天野 篤他)

2010

地上デジタル・データ放送の実態とメディア機能の可能性

放送文化基金35周年記念事業 助成・援助 研究報告会

記録冊子

23-25

藤吉洋一郎

2010

放送と河川情報 ~地上デジタル放送による防災情報提供の現状と今後の可能性~

14回河川情報センター講演会 講演記録

Web公開

-

内閣府 防災担当

2010

大雨災害における市町村の主な取組事例集

内閣府防災情報のページ「大雨災害における避難のあり方等検討会」

Web公開

-

天野

2010

「デジタル放送研究会3」活動報告

日本災害情報学会誌「災害情報」活動報告

8

138

天野

2010

近年の豪雨災害に見る情報防災の課題

全国地質調査業協会連合会「地質と調査」小特集「災害とその後-情報を活かす防災最前線-」

10年第2124

24-33

天野 ,藤吉洋一郎,他第3次デジタル放送研究会員

2010

20092月からの「デジタル放送研究会」成果概要

日本災害情報学会 「第12回研究発表大会予稿集」

発表資料

71-76

三島和子,藤吉洋一郎,布村明彦,天野 ,中村 ,加藤宜幸

2010

2009年台風8(Morakot)台湾南部豪雨災害現地視察報告~未曾有の災害に対して災害情報に何ができるか~

日本災害情報学会 「第12回研究発表大会予稿集」

発表資料

77-82

中村 ,藤吉洋一郎,干川剛史,天野 ,谷原和憲

2010

水災害情報と地上デジタルテレビ -京都市水害危険地域における住民調査を中心に-

日本災害情報学会 「第12回研究発表大会予稿集」

-

83-88

陽二,天野

2010

土砂災害から難を逃れるためのアラート情報について

5 災害対策情報共有連絡会

補足説明

-

藤吉洋一郎,干川剛史,中村 ,谷原和憲,福長秀彦, 垂功,国崎信江,天野

2010

「誰にでも身近な水災害情報流通の実現に向けた研究」成果報告書

()河川情報センターの研究助成(平成21928日付助成番号河情セ助第6号)

「平成21年度研究助成報告会」資料

-

藤吉洋一郎,布村明彦,天野 ,加藤宣幸,中村 ,三島和子

2011

「デジタル放送研究会3」

2009年台風8号(莫拉克、Morakot)台湾南部豪雨災害現地調査報告

日本災害情報学会誌「災害情報」活動報告

9

-

藤吉洋一郎

2011

台湾の2009年台風8号の跡を訪ねて

A Survey of Taiwan Devastated by Typhoon 0908

コミュニケーション文化論集

9

1-27

天野

2015

『Lアラート』の避難情報伝達はどこまで迅速か?

日本災害情報学会 「第17回研究発表大会予稿集」

発表資料

66-67

 

〔注意事項〕

本報告書の無断複写を禁じます。

事前に下記学会事務局の許諾を得てください。

リンクは自由です。

 

・書名  『災害情報共有化の推進 -伝達ボトルネックの解消- に向けた研究』研究会 活動報告

・発行日 2009331日(~

・著者  日本災害情報学会第3次デジタル放送研究会

・発行  日本災害情報学会 ()会長 阿部勝征,()会長 河田惠昭,()会長 布村明彦,会長 田中淳

本部事務局 〒162- 0825 東京都新宿区神楽坂2-12-1-205

TEL : 03-3268-2400 FAX : 03-5227-6862 E-mail : tokio@jasdis.gr.jp