TOPICS

2021年度廣井賞の推薦受付を開始します。

2021年度廣井賞推薦を募集します。積極的な推薦をお願いします。
なお、表彰式につきましては、新型コロナウイルスの今後の状況により、変更が生じる場合があります。

●募集要項、推薦用紙は 廣井賞 のページをご覧ください。

日本災害情報学会・若手研究発表大会 奨励賞受賞者決定

4月24日(土)に開催した若手研究発表大会に於いて、若手発表奨励賞の審査を行いました。
厳正なる審査の結果、以下の通り8名の受賞者を決定しましたので、皆さんにお知らせします。
受賞者の皆さんおめでとうございます。

(順不同・敬称略)
・齋藤 悠介  東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻
 津波碑が人々の災害前の防災意識に与える影響 -南海地震津波被災地域を事例として-

・上田 啓瑚  静岡大学地域創造学環(現所属:慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科)
 異なる世代間をつなぐ防災教育プログラムの実践と評価-静岡県内高校の保育体験実習での試み-

・香焼 一輝  東京大学工学系研究科都市工学専攻
 不連続面を持つ堤防の形状変化と周辺土地利用の関係 -三河川をケーススタディとして-

・杉山 高志  京都大学防災研究所
 防災実践における水平展開のメカニズムに関する実証的な検討

・福本 晋悟  株式会社毎日放送総合編成局アナウンスセンター
 津波避難キャスターコメントに関する考察ー津波避難経験者対象の定性的調査からー

・高原 耕平  人と防災未来センター
 判断は実在するのか ―避難研究の多角化のために―

・小林 秀行  明治大学 情報コミュニケーション学部
 自然災害をめぐる自己責任論の様相

・藤田 翔乃  京都大学大学院情報学研究科
 航空写真を用いた被害認定調査における屋根損傷率の自動判定手法の開発

第22回学会大会予稿集を販売しています

2020年11月28-29日に開催しました第22回学会大会・研究発表の予稿集を販売します。
ご希望の方は大会予稿集のページを確認の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
過去の大会分も購入できます。

学会誌「災害情報18号」発刊

学会誌「災害情報18号」を発刊しました。
会員以外の方への販売も開始しますので、ご希望の方は学会事務局までお申し込みください。

学会誌「災害情報」のページへ
既刊の学会誌も購入できます。

「避難に関する提言」を発表しました

 「避難に関する提言 新型コロナウイルス感染リスクのある今、あらためて災害時の『避難』を考えましょう」を公表します。

新型コロナウイルスの感染症に関する緊急事態宣言が発表される中、出水期が近づいております。
各方面で災害時の避難と感染防止についての議論がなされておりますが、企画委員会ではこれらを踏まえ、避難は災害時の難を避けるものという原点に立ち返り、新型コロナウイルスの感染リスクを避けることを念頭におきながら、あらためて災害時の避難のポイントを確認するための提言をまとめました。
多くの方の参考となれば幸いです。

*なお、本提言につきましては、できるだけ多くの人に読んでもらう観点から、転載は自由といたします。

画像をクリックするとPDFが開きます

学会誌への論文投稿について

学会誌編集委員会から学会誌への論文投稿締切時期についてお知らせします。
2021年度学会誌の第1回論文投稿締切は6月30日です。今回締切分は,2022年1月後半頃に先行オンライン公開をする見込みです。
詳細および投稿方法:論文募集のページ
・原稿フォーマットについて、変更があります。
 新しい原稿フォーマットに基づいて、論文を作成してください。
原稿フォーマット

・オンライン論文投稿・査読システムから投稿していただきます。
オンライン論文投稿システム

・オンラインマニュアルはこちらをご覧ください。
オンライン投稿マニュアル

学会誌「災害情報」のページへLinkIcon




災害調査団の報告書を公開しています。

 ・平成29年北九州北部豪雨調査団、平成30年西日本豪雨調査団の報告書を公開しました。
 ダウンロードは災害調査・研究のページをご覧ください。

災害関連シンポジウム・講演会等のご案内
 日本災害情報学会以外の団体が主催する災害関連のシンポジウム、講演会等のご案内です。
















当サイトのPDF書類をご覧いただくには『AdobeReader』が必要です。PDFを読み込むためには、下記リンクよりAdobeReaderをダウンロードして下さい。